ときどきやる気ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店員さんのひと言で被害妄想が爆発しました

先日、駅の売店で買い物をしました。

買い物くらいできたはずなのですが…。
店員さんとのやり取りで、頭の中がいっぱいになってしまいました。

(そういえば、Suicaにいくらかまだ残っていたっけ…使い切っちゃおう。)
Suicaで!端数を現金で…。」
(ん?あれ、間違ったこと言ってしまった。)

Suicaで支払い、足りない分(不足分)は現金で、と言いたかったんです。

店員さん:「は?端数?(ボソッと、)どういう意味?」

「えーっと…足りない分を…。」

自分が変な言い方してしまったのだけれど、「は?」と言われた瞬間、何か変な感覚に襲われ、なぜか上手く言葉が出てこなくなってしまいました。

(怖い…今のレジの人ってこんな感じなの…。)

チンタラしている間にいつの間にか後ろには、2~3人並んでいる。

(「もー何言ってんの、こいつ、混んできてるんだからさー」って思われてる!ヤバイ…。)

店員さん「あー、はいはいSuicaと現金併用ね。」

「すみません…。」
(余計なこと考えさせましたよね、ご、ごめんなさい。)


私は何かちょっとしたことで辛くなると、ある歌を思い出して頭の中で歌うような習慣があります。
その場から離れようとする現実逃避みたいなものだと思います。


 助けて助けておじいさん
猟師の鉄砲怖いです〜
さあさあ早くお入んなさい、もう大丈夫だよ〜

調べたところ、”やまごやいっけん”という題名で、子供向けの手遊び歌ですね。

主人公は、”うさぎ”。
猟師に追われて逃げてきたところを、家の中から見ていたおじいさんが、助けてくれる、優しくて親切なストーリーの歌です。

小さいころの記憶なのだと思いますが、私の中の”おじいさん”は、何やら無条件で受け入れてくれる存在のようなものになっていると思われます。

この時、私の頭の中では、
猟師  (店員さん)
鉄砲  (言葉)
お入んなさい  (帰りなさい)
…と変換されています。

 助けて助けておじいさん
店員さんの言葉怖いです〜
さあさあ早くお帰りなさい、もう大丈夫だよ〜

(ああ、そうだ、帰ろう!おじいさん!)

私の脳は一体何をやっているんでしょうか。
買い物一つで妄想しすぎです。

人に話すと、めちゃくちゃ笑われるのですが、本人はいたって真剣です。

- end -

はてなの世界

前回の記事で、ブログのカスタマイズについて書いたところ、とても多くの方から読者登録をしていただいたり、はてなスターをいただり、他記事にブックマークをしていただいたり…、ビックリしながらも、とても嬉しかったです。

ありがとうございました

読者登録いただいた皆様のブログは、一つ一つ拝見させていただきました。
本当に様々な記事があり、ただただ感心するばかりです。

はてな」のめくるめく世界

まず、はてなブログをはんてんブログと勘違いしていたくらいはてなの世界については全くわかっておらず、なんとなく Hatena Blog というロゴがいいな、と思った、ただそれだけの理由ではてなブログを選んだことを反省しました。

FacebookやLINEもやっていない、やったことがない、というかなり時代遅れなもので、はてブ!については知るわけがなく…。
何もかも全然知らなかったです…、すみません。
Twitterも二年ほど前に足を踏み入れ、先月ブログ用にアカウント@rumbatanを作ったばかりです。


そんな私ですが、なんとかはてなの端の方でジタバタやっています。
混乱しながらも、少しずつはてなサービスについて勉強しています。

はてなサービスの多いこと、多いこと…。
目が回ります。

ひとまず、ブログに関係しているサービスについてちょっとした失敗や、感じたことを残しておきます。

はてなブックマーク

f:id:rumbatan:20170512042448p:plain http://b.hatena.ne.jp/

ブックマーク(以下ブクマ)すると、コメントやタグ付けができる。

自分が後で見返せるように、とブクマしてみたものの、自分の記事に「るんばたん」とタグを付けていて”恥ずかしい人”感が丸見え。(現在はブクマ外しました。)
ソーシャルブックマークサービス”、と謳っているのだから、ごもっともなのだけれど、変なタグつけてる奴になってしまったので、ちょっと赤面しました。

はてなスター

はてなスターhttp://s.hatena.ne.jp/

スターには4色あって、黄色(ノーマルスター)はいくつでもつけられる。

いいね読んでます!みたいなことなのだと認識しています。
交流下手な私にはとてもありがたいツールです。

記事だけでなく、はてなサービス全体のいたるところでスターを見かけます。
いいことなのに、いちいち表示に時間がかかるように思います。
スターの重みですかね…。

スターをつければお気に入り、お互いにスターを付け合えばスターフレンド、何やらまた他のシステムでコメントし合えるらしいのですが、ブログのコメント、ブクマのコメント、スターのコメントって、そんなコメント欄あったら本当にひっちゃかめっちゃかです、頭が。
はてなスターのヘルプ - お問い合わせ - はてな

まとめ

「お気に入り」「フレンド」「コメント」など、サービスそれぞれに、若干重複していると思えるような機能が複数あり、??となることが多くあります。

f:id:rumbatan:20170512040151p:plain

少しずつ、自分に使えるところと、そうでないところを見極めていきたいと思います。

- end -

広告を非表示にする

はてなブログのカスタマイズで行き詰まったヘッダーの問題

カスタマイズというものを全く知らなかった私ですが、「ハマるといくら時間をかけても足りない気がする、やり込み度高すぎ…。」と感じています。

前回のカスタマイズ からだいぶ様変わりしたので、気になったことなどを備忘録として残していきたいと思います。

テーマ変更と、ヘッダー部分における問題点の解決

テーマを innocent に変更

理由は、超ど級の素人のカスタマイズでも上手くいくんじゃないか、メニューバーも簡単につけられるなんてウハウハなテーマだ!と思った点です。innocentはカスタマイズしやすい、という記述をよく見かけます。先人の知恵が検索で見つけやすいのもありがたいです。

ヘッダー画像・メニュー(グローバルナビゲーション)の設置

1:画像設定後の問題

ヘッダー部分をブログタイトルのテキスト表示から、画像のみの表示にしたところ、早速問題が。スマホで見ると、画像がずれてしまって上手く設定できない

おとなしくPRO登録して、スマホ表示のデザインを設定しようか、レスポンシブデザインとやらを諦めるか…、と数日…。やっと解決してくれる記事を発見することができ、ひとまずPROへの登録は見送りました。

mshitech.hatenablog.com

CSSという言葉も最近覚えた私には、こういったコピペ記事がものすごく為になります。CSSの内容が、なぜその記述なのかの説明もあり、勉強になりました。


2:メニューバー(グローバルナビゲーション)設置の際の問題

自分の変えたい部分の色の変更がなかなか容易にできませんでした。
メニューバーの色ならすんなり変えられたのですが、文字の色に苦戦しました。

moonnote.hateblo.jp

私は記事のコメント欄を見落としていました。
様々な質問に対し、Innocentの公開者様からの丁寧な説明が…。
多くのヒントと、答えが記述されています

3:問題解決後のヘッダー部分

【PC】

ヘッダー画像

スマホ】(メニューバーを開いたところ。)

 hヘッダー画像 スマホ

まとめ

途中、自分がどの部分のカスタマイズをしているのかわけがわからなくなりました。間違って削除してしまったり、はたまた中途半端に保存してしまったり…。
「メモ帳などに、バックアップとして残しておきましょう。」の意味がやっと体感してわかりました。今後も、気を付けてカスタマイズしていきたいです。ただ…ほどほどにしないと、だんだん他のことに手を付けられなくなってきそうです、やりすぎは禁物ですね。

- end -

叶えることと現実を見ること

お題「これって私だけ?」

やりたいと思ったことを一つずつ叶えていくことが大人になることだと思っていました。本当は、現実を見たときに、がっかりする気持ちをやり過ごせるような力をつけることも大切だったんだな、と思います。受け身を覚えることです。

夢と現実のギャップに困惑する

諦めるということが許せない極端な性格でしたから、「今できなくても、大人になったら...!」とよく考えていたのを思い出します。

どうにかして叶えるところまでは行くのですが、その後のことをほとんど考えておらず、叶えた後の現実を見て落ち込んだり、進め方を間違えて倒れてしまうことが多かったように思います。

rumbatan.hateblo.jp

”結婚”に対する憧れ

ドレス着て、本当のお姫様になる日、王子様のお城に住むんだと思っていました。(おとぎ話危ないよ。)でも日本だから、白無垢でうつむき加減で歩いて、その姿を見た周りの人たちから、「お嫁さん」と呼ばれるんだ、と思っていました。(どこでそんなイメージついたんだろう。)

両親の離婚を小学生で経験した私は、結婚そのものに対して嫌悪感を抱くようになっていました。「結婚なんて私には向かない」の一点張りで、自分は絶対結婚しないと周りに宣言していました。
母と同じになりたくない、結婚なんて辛いものでしかない、と憧れそのものを消してしまおうとしました。

しかし、その反動なのか、30歳を少し過ぎてあっさりと結婚。私の旦那は、もちろんどこかの国の王子様ではなかったですし、お城もありませんでした。

それでも、周りから祝ってもらい、式や披露宴を挙げられた私は、ドレスを着ることでお姫様気分を味わいました。和装写真の前撮りで、カメラマンの方に「お嫁さん」と呼ばれたときは、あぁ、これが子供のころ夢見てたことなんだ、叶ったんだ、と感じていました。

叶えることと現実を見ること

夢から醒めて現実に気づき始める

式と披露宴は一日でしたが、準備に注いだ気持ちはとてつもなく大きなものでした。
結婚する=結婚式という頭になっていたことに気づき、すべてが終わった現実になんとか対応しようとしていました

周囲からは「新婚で幸せ」「子供はまだか」「あとは子供だ」と、顔を合わせるたびに言われ、正直ウンザリしました。女性は結婚すれば幸せ・安泰という、一昔前の考えは時代錯誤もいいところです。単純に結婚すれば妊娠できるわけでもないし、出産し、育児もしたくてもできないこともあるだろう、と半ば憤りを感じていました。

新婚だから幸せなのか、子供を作らない夫婦は未熟なのか... こんなことばかりを考えるようになっていきました。

周りからのノイズを適当に流せば良かったのですが、その人たちが抱いている”新婚の幸せ”とは遠くかけ離れたところにいる自分、そのギャップを埋められない自分に対し、漠然とした怒りを感じる毎日でした。

当時、旦那は朝6時頃に家を出ていき、帰宅は夜中3~4時、という毎日でした。まさにブラック企業の労働時間。私は夕方から出勤し、夜中の0時頃帰宅、それから一人で朝の4時まで旦那の帰りを待つ日々が苦痛でした。

旦那は、疲労と眠気で帰ってこないという日もありましたから、食事を用意しても、捨てることもあり、なんでひとりなんだろう、結婚して良かったのかな、と何度も自問自答しました。

私を見て、新婚だから幸せだと思っている人たちに、そんな簡単なことじゃない、と言いたかった。

独身時代の自分に単にプラスα(”結婚”という要素が)ポンッと軽く加わるだけだと思っていた私。でも現実は、ポンッと加わるのではなく、ジワジワと、姓が変わったことを受け入れ、家事が増え、旦那の面倒を見ることに疲れ、結婚前と同じスタンスで働くことの両立が上手くできなくなっていきました。それでも全てを完璧にやろうとしたことで崩れていってしまったように思います。

心身が病んでしまう原因は、嫌なことや辛いことだけでなく、楽しいことによる変化でも起こるんだと今ではよくわかります。

結婚から4年経ち、過去にはできなかった、受け身を取る方法を今やっと学ぼうとしています

おまけ叶えることと現実を見ること

普通の女の子が、魔法を使えるようになる魔法少女アニメ(特にクリィミーマミ)が、ものすごく好きでした。
でも、私はどんどん成長していくのに魔法が一向に使えないことに気づき落胆したことを覚えています。現実ではどうしようもないことでしょうか。魔法ではないけれど、積み重ねた経験は、”魔法のようなもの”だと思いたいです。

- end -

人生のペース配分

途中で休むくらいなら辞める!と、どんなことに対しても極端な考え方をしてきました。

私にとって失速することは妥協をすることと同義、負け!悪!とさえ考えていました。
(極端すぎ…)

「いかに偏った考え方をしていたのだろう。」
日々の流れがスローになって気づく今日この頃です。

人生はマラソン?

人生のペース配分

「でも人生のゴールってなんだ?」
私はかたくなに、この"人生はマラソン"という比喩を否定してきました。

(体育の授業で嫌いだったのは、もちろん長距離走です。 笑)

マラソンも、人生も、ペース配分が大切なのでしょうか

思い立ったことはやらないと気が済まない性分です。
「まあ、明日でいいか、明日考えよう、ゆっくりやろう。」がとてつもなく苦手でした。
「人生は短い、今やらなければ…明日死ぬかもしれないから。」と。
何をそんなに生き急いでいたのでしょうね。

実際は、今現在生きていて、死ぬことはなかったわけです。

スタートばかりに気を取られ、飛ばし過ぎて息切れしてしまった私は、どうやら人生のペース配分を間違えていたようです。

走り、時には歩き、止まることが必要であれば休むというのは、私が考えるような妥協や負けなのではなく、実は自分を守るための一つの策だったんだと思うようになりました。

これからまだ少し考えていきたいこと

途中で失速しても、”自然に”「それでもいいんだ。」と思えるようになること。
マラソンも、人生も、自分を知るために走るのではないか。
人生の勝ち負けなんて、誰が決めたのか、明確なものなんかない。
人生のゴールは、みんなそれぞれが、自分が、決めること。

ゴールはない、決めないっていう人もいるのかな。

- end -

広告を非表示にする